■オススメ銀河座 この3本 
当サイトの専属映画評論家がオススメする映画を、週替わりで紹介します。

■ピンポイント銀河ニュース 
映画業界の最新ニュースをいち早くお届けします。


■シネマ銀河 プレゼントコーナー 
映画試写会からグッズまで、映画関連のプレゼント情報をお届けします。



■映画の中の詩と詩人 
映画の中に出てくる詩と詩人について映画評論家の視点から紹介します。

■ヨーコのいい男探し 
当サイトの専属映画評論家ヨーコが、映画に出演するいい男を紹介します。

■映画と酒とバラの日々
酒好きにはたまらない、映画に出てくるお酒のストーリーを紹介します。

■懐かしの名画 
懐かしい映画から厳選した、おススメ映画をお届けします。


■シネマの映写窓から 
映画ファンに、映画をお届けする方向からの視点でのコラムをお届けします。

■大人の映画館 発掘ニュース 
ちょっとだけアダルトな映画に関するニュースをお届けします。

■新着DVDデータ 
新作DVDを紹介します。




映画「TheLady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」リュックベッソン監督 女優ミシェルヨー 来日!

 ビルマ民主化運動のリーダーであり、1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞し、4月1日のミャンマー議会補欠選挙で見事当選したアウンサンスーチーの半生を描いた物語「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」(7月21日公開/配給:角川映画)が全国公開する運びとなりました。

本日、アウンサンスーチーを演じたミシェル ヨーと、リュック ベッソン監督が来日舞台挨拶を開催しました。
◆日時 6月26日(火) 18:30 [上映前]
◆場所 ヤクルトホール
(東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル)
◆登壇者 リュック ベッソン監督(53) ミシェル ヨー(49)

MC:ヒロイン、アウンサンスーチー役を演じました ミシェル ヨーさんです。日本の皆さんに一言ご挨拶をお願いします。
ミシェル ヨー:おはようございます。私はミシェル ヨーです。(日本語)
MC:本作品のメガホンを執られました?リュック ベッソン監督です。日本の皆さんに一言ご挨拶をお願いします。
リュック・ベッソン監督:皆さんこんにちは。30年来、日本には何度も来日しています。去年の311直後にも来日しています。良い時も悪い時もみんなといたいと思っています。なぜなら、日本は私の二つ目の祖国だからです。
MC:(監督へ)映画の製作までの経緯とミシェルをスーチー役に抜擢した 経緯について
これから上映があるので、あまり深く話してしまうとよくないですが、実はミシェルがこの脚本で僕にプロポーズしてくれたんだ。当時フランス映画業界は厳しく、私は無職でした。ミシェルはプロデュースを頼んでくれましたが、私は脚本を読んで泣き、ぜひ監督をしたいと言ったんです。


MC(ミシェルへ)今最も注目を集める女性、アウンサンスーチー役を演じる上での役作りでの苦労や工夫した点について
この映画は愛だけで作った映画です。実際にビルマで置かれている苦境を考えれば苦労は何でもありません。
役作りで一番苦労したのは10キロ痩せたことです。(監督がじっとミシェルを見つめる)監督がいいって言ったじゃない(笑)
リュックは最高の演技を引き出してしてくれる監督です。タイトルは「the lady」ではなく「ジェントルマン」と言っても過言でもありません。ジェントルマンとはマイケルアリスのことです。これはマイケルアリスの物語でもあるんです。また、彼女は違う目で、アイコンとしてではなく、女性であり、二児の母であり、何もよりもよき人として、インスピレーションを皆さんに感じていただきたいです。
監督:へーそうですかー(日本語)
場内:笑
MC(監督&ミシェルへ)
スーチーさんとの秘話について (撮影中に会われたそうで…。 どこで、どんな様子でどんなお話をされたのか)
ミシェル:何度か会っています。一度目は2010年の11月の撮影中に。バンコクで聞いて、みんなで飛行機で会いに行こうとしたがビザが下りたのは私だけでした。監督はもう少しで大きなシーンがあるからとスケジュールを気にしていましたが、私は行きました。とにかく非常に興奮し、実際に自宅に向かう車ではシュールな気持ちがしました。なぜなら今映画で撮っている自宅の前はセットと同じものだったからです。私はまるでその場所を知っていたかのように家に入りました。初めて彼女に会った時、挨拶をしていいのか、深々とお辞儀をすればいいのか、どうしていいか分からず戸惑っていたら、彼女は大きく手を広げて私を抱きしめてくれました。本当に素晴らしいひと時を過ごせました。
監督:ミシェルが彼女と会った数週間後に私は会いました。ミシェルが言っていたように、セットと同じものがそこにはありシュールな気持ちでした。そして、自分が映画で撮っている「The Lady」(ミシェル)と本物の“The Lady”(スーチー女史)が夢か現実か分からなくなるほど似ていて、彼女もまたミシェルそのものであり、非常に混乱して、シュールでした。人生、ビルマ、子供について語り合い、映画について聞こうと思っていましたが、話すのを忘れてしまったと後で思い出すくらいパワフルな人でした。
●記者からの質問
質問:ミシェルさん。私はビルマから来た政治難民です。現在東京大学二年生で、ビルマの政治民主化について研究しています。今日はビルマで現在置かれていることについて、繊細に描き出した鮮明に演技をしてくれたミシェルに代表としてお礼を言いたいです。そして、アウンサンスーチーさんがパリに行こうとして、しかしビルマは現在、民主化に向けて進もうとしています。しかし、投獄されている政治犯もいます。そこで私自身もこの予告を見て、当時を体験したこともあり、涙が止まらず、フラッシュバックをしたような気持になりました。今のビルマの人々、そしてアウンサンスーチさんにメッセージを送るとしたらどんな言葉を送りますか?
ミシェル:最初のビルマ語の挨拶で、ビルマの方だと分かりました。女史はパリにいますが、ビルマの方々に伝えたいことはこの作品に全て詰まっています。我々も外側からこの国に対して大きなスポットを当てたいと思います。質問者の方もいつか国に帰れることを祈っています。この作品を見てビルマの方々への思う気持ちが芽生えてくれればいいと思います。
監督:私がビルマを思う気持ちは2時間あります。それはこれからここで上映されます。
監督:最後に一言だけ付け加えさせてください。この物語はとても悲しい出来事ですが、真実のお話です。

<STORY>
1988年、ビルマ――。英国で幸せな家庭生活を送っていたアウンサンスーチー(ミシェル ヨー)は、母の看病のために久しぶりに祖国ビルマ(現ミャンマー)に戻ることになった。そこで目にしたのは学生による民主主義運動を軍事政権が武力で制圧する惨状。そんな中、「ビルマ建国の父」と死後も多くの国民から敬愛されるアウンサン将軍の娘の帰国を聞きつけた民主主義運動家たちがスーチーの元に集まり選挙への出馬を懇願する。不安を抱きながらも民衆の前で立候補を決意するスーチーだったが、それは、ビルマを支配する軍事独裁政権との長い闘いの始まりであり、愛する家族とのひき裂かれた辛く厳しい人生の始まりを意味していた。



【第85回アカデミー賞速報!】作品賞

【第85回アカデミー賞速報!】『ジャンゴ 繋がれざる者』2冠に輝く!!

英国アカデミー賞速報!

世界一流の劇場で、世界一流のキャストで行われるオペラが映画館で観られると好評なのが、「METライブビューング」だ。

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』上映会 & トークショー イベント

NHK朝ドラ前に映画でブレークする?能年玲奈ちゃん

映画を惹きつける本が出た!

映画『バイオハザードV:リトリビューション』でアンダーソン監督が来日

9月28日公開、話題の「ボーン・レガシー」主演、ジェレミー・レナーが緊急来日

梅宮辰夫さん"デンジャラス宣言"で遂に子離れ!?原点回帰の"デンジャラス梅宮"キャラでCM収録に挑戦!

東映まんがまつりVS東宝チャンピオンまつり開催決定!

映画「TheLady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」リュックベッソン監督 女優ミシェルヨー 来日!

【イベントご報告】『トータル・リコール』高田純次さん就任発表会

クラシック音楽ファン待望の、メトロポリタン・オペラ(MET)、スクリーンによみがえる23の愛の物語 METライブビューイング2006-2012〈アンコール上映〉 決定!

『道〜白磁の人〜』:東北復興支援「映画のチカラで、森を元気に」キャンペーン記念植樹のご報告

第5回したまちコメディ映画祭in台東 ザ・ドリフターズ『コメディ栄誉賞』受賞決定&みうらじゅん担当メインビジュアル完成!

映画『スノーホワイト』ルパート・サンダース監督、シャーリーズ・セロン来日イベントレポート

『メン・イン・ブラック 3』ジャパンプレミア開催!!

「アメイジング・スパイダーマン」ワールド・プレミア日本開催決定のお知らせ

AKB48グループ全公演「見逃した君たちへ」今年も開催!映画館にも生中継決定

「第10回EUフィルムデーズ2012」開催

『宇宙戦艦ヤマト2199第一章』 初日舞台挨拶

映画「バトルシップ」公開で、テイラー・キッチュ、浅野忠信、リアーナ、ピーター・バーグ監督ほか登壇!
空母のフライトデッキで初の記者会見


12回目を迎える、恒例の「イタリア映画祭2012」

映画『おかえり、はやぶさ』舞台挨拶

「スター・ウォーズ」3D化で分かったその「功罪」

第84回米アカデミー賞決まる!

〜AKB48第2弾ドキュメンタリー映画〜TOHOシネマズ系ほか全国劇場にて、大ヒット上映中

「ファミリー・ツリー」がアカデミー賞5部門にノミネート

いよいよオスカー・レースは混沌

いよいよアカデミー賞発表まじかに

中島美嘉ハリウッドで大絶賛!ミラ・ジョヴォヴィッチとガチ対決!『バイオハザードV リトリビューション』

アカデミー賞レース「人生はビギナーズ」こちらも台風の目に?

またまたアカデミー賞レースに台風の目、出現

巨匠マーティン・スコセッシ監督
世界の映画賞受賞28、ノミネート113を携え、5年ぶりの緊急来日決定!


1月23日、映画『おかえり、はやぶさ』の完成披露試写会

こちら、スコセッシ監督の初3Dがゴールデン・グローブ賞<監督賞>受賞!

『マリリン 7日間の恋』

ゴールデン グローブ賞発表速報!!

またまたアカデミー賞レースに台風の目、出現

最新アニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』劇中音楽担当は宮川彬良氏に決定!

『ヤング≒アダルト』主演のシャーリーズ・セロンが、第23回パームスプリングス国際映画祭「バラエティ・インディー・インパクト・アワード」受賞!

1月公開の『琉神マブヤー』東京プレミアレポート

『ヒューゴの不思議な発明』アカデミー賞<大本命>全米各映画賞で、早くも受賞数15、ノミネート数も60を突破!

アカデミー賞前哨戦となる賞レースで多数の受賞、ノミネート!!

年末恒例の各賞最新情報

「一枚のハガキ」がW受賞

フィルメックス映画祭が閉幕

映画「50/50フィフティ・フィフティ」公開記念イベント

11月22日【渋谷】の街をピザボーイ達が奔走!!

デミ・ムーアさんが離婚

話題作「恋の罪」は立ち見続出

ミッキー・カーチスが芸名変更で主演

ブラピ主演の「マネーボール」試写会に、元阪神タイガース赤星憲広さん登場!

第24回東京国際映画祭が閉幕

「ピラミッド 5000年の嘘」が公開決定

第24回東京国際映画祭が開催

10月1日(土)に福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズで営業再開オープニングセレモニー

【映画好き、映画通必見の映画祭! 】

東京国際映画祭のクルージング作品が決定!

9月に日本デビューする新K―POPグループ「T―ARA」 ついでに映画でも過激に主演デビュー

青山真治監督『東京公園』が快挙! ロカルノ国際映画祭にて金豹賞(グランプリ)審査員特別賞受賞!

角川映画「夜明けの街で」完成披露会見

第19回キンダー・フィルム・フェスティバルが 8月12日に開幕した。

伝説のボクサー・竹原慎二が原案の映画完成

夏休みイベント!こども映画館

3人つながって『ムカデ人間』を観よう!

ATG作品が一堂に会します

ジェット・リーがなんとノーギャラで出演。アクションも封印して東北大震災の支援へ

第20回日本映画批評家大賞

カンヌ国際映画祭閉幕

三谷幸喜、小林聡美さん夫妻が離婚

東京国際映画祭で「香川京子と巨匠たち」を上映

カンヌで世界の映画人が日本を応援!

J・ビーバーが来日。

シュワルツェネッガー、映画復帰断念

淀川長治クラシック・シネ・サロン2011のお知らせ

映画の教室2011

スーちゃん主演の映画を追悼上映

真!韓国映画祭2011開催

フランス映画祭 6月開催決定のお知らせ

イタリア映画祭開催

京都学生映画祭コンペ作品募集

ポランスキー監督健在

シネカノンが再スタート

歴代の仮面ライダーがズラリと勢ぞろい

フィルムセンター常設展がリニューアル

アップリンクでロシア映画特集

映画「高校デビュー」の主題歌に新人バンド大抜擢

いせFILMが自主上映を募集

米倉涼子とキアヌ・リーヌスが共演?


ԥݥȶϥ˥塼ȥåפ


Copyright (C) 2011 cinema-ginga All Rights Reserved.